はてなの金次郎

Pythonエンジニアの奮闘記。Python, Django, Gitlab, Docker, AWS, k8s...

何をしたらいいかわからない就活生へ

はじめに

f:id:gyuuuutan:20180405081724j:plain

大学生の3つ下の弟に「就活って何したらいい?」と相談を受けたので、自分がどんな就活をしてたのか体験談と共に書いておこうと思います。

同じように就活で何をしたらいいかわからない学生の方にぜひ参考にしていただければと思います。おすすめの就活サイトや就活セミナーも紹介していますのでそちらだけでもぜひチェックしてみてください。

目次

そもそもなぜそんな疑問が生まれるのか

「就活って何したらいい?」という質問の真意が自分の体験談からなんとなくわかった気がしたので、弟に「どんな仕事がしたいの?」と逆に質問してみました。そうしたところ、案の定、「わからない」という回答が返ってきました。

実は私も大学3年生の時点でやりたい仕事がなく、就活で何をすればいいのかよくわかりませんでした。専門的な学問を学びに大学に行ったのに変な話ですよね。意外と周りの友達はやりたいことがしっかりあって焦った覚えがあります。当然大学3年生の時点で将来のやりたいことがないのは焦る必要があると思います。しかし、そこまで悲観する必要もありません。こんなデータがあります。

gakumado.mynavi.jp

4割の大学生が将来の夢がないというマイナビの調査結果です。

本来、将来の仕事のためにより高度で専門的な知識を学びに行くところが大学だと今更思っていますが、一方で将来やりたいことを見つける期間として大学の4年間(正確には3年ちょっと)を使ってもいいと考えています。そして、その将来やりたいことを見つける良いタイミングが「就活」なのではないかと思います。

就活やるぞってなってがむしゃらに始めてみるのもいいと思いますが、就活の初めにまずやってほしいことを紹介します。私はどちらかというとがむしゃらタイプでしたが、しっかりと順序をおって就活した方が効率的にできると思います。

まず始めてほしいこと

ずばり、自己分析業界分析 です。

将来やりたいことがわからないのはどうしてかと考えたときに大まかに2つの原因があると思います。1つは「自分の好きなこと・向いていることを知らない」。もう1つは「世の中にどんな仕事があるのか知らない」ということです。

それぞれの原因に対しては、すでに解決策が用意されています。それぞれ 「自己分析 やり方」「業界地図 見方」などで検索するとありがたい記事や書籍が出てくるので参考にしながら、自分の好きなこと・向いていることは何か、世の中にはどんな仕事があるのかを一度整理してみてると良いと思います。

業界分析に関しては合同説明会に参加していろんな業界の企業説明を聞いてみるのも手かもしれません。

自分のやりたいことがわかってきたら、就活サービスに登録して、気になった企業の説明会に行き、良さそうだなと思ったらエントリーシートを書いたり面接をしたりといった流れになるかと思います。

その中でも登録してよかったおすすめの就活サービス、参加してよかったおすすめの就活セミナーを紹介します。

おすすめの就活サービス

正確には数えていませんがおそらく10以上の就活サービスに登録していました。中には最初に少し使っただけで使わなくなってしまったものもありましたが、最後まで使っていたおすすめの就活サイトを3つほど紹介します。

iroots

iroots.jp

スカウト型の就活サービスです。プロフィールを書いて待ってるだけでいいので受け身でいられて楽です。意外とたくさんスカウトがきましたし、他の就活サイトに比べて良さそうだなと思えた企業が多かった気がします。

Goodfind

www.goodfind.jp

Goodfindは一般的な、いわゆる広告掲載型の就活サイトとは異なり、Goodfindが厳選した企業しか掲載されておりません。より多くの広告料を支払っている企業が優先的に掲載されるわけではないので、優良企業が埋もれにくく質が良い情報をキャッチアップすることができます。本当に優秀なビジネスモデルですよね。

他にも、スキルアップセミナーを定期的に行なっておりすごく勉強になります。また、Goodfindで活動している就活生は優秀で刺激になる人が多かったのも特徴です。

Wantedly

www.wantedly.com

就活生時代には利用していませんでしたが、Wantedlyもおすすめしておきたいです。プロフィールを登録するとスカウトが来たり、気になった企業にアプローチするとカジュアル面談を受けれたりします。

上記3つの就活サービスとは別に、リクナビマイナビは企業掲載数が多いのでどちらかだけでも登録しておいたほうがいいと思います。私は最初は両方使っていましたが、マイナビの方がUIが好みだったので最後まで使っていたのはマイナビでした。

また、スマホアプリがあるものはアプリを利用した方がいいと思います。色々なサイトに登録するとメールが山ほど来ます。メールよりもアプリの方がメッセージを見逃しにくいですし、移動中の電車でサクッと確認できます。

おすすめの就活セミナー

就活をしていて非常に勉強になったセミナーを2つ紹介します。情報交換やモチベーション維持のために就活仲間は大切だと思うので、セミナーの場を利用してみるのも手だと思います。就活中の学生対象のセミナーは基本無料です。セミナーは社会人になると有料になる場合が多いので今がチャンスです。

JOBRASS学Biz就活キャンパス

jobrass.com

JOBRASS学Biz就活キャンパスの小林 史明さんのセミナーです。年間200回以上の就活セミナーに登壇されているみたいで、セミナーの内容もすごくわかりやすいです。

自己分析のやり方やESの書き方など就活の最初の段階で知っておきたい内容が多かった印象なので、就活これから始めるぞって方にぜひおすすめしたいです。

株式会社ワークスアプリケーションズ

career.worksap.co.jp

株式会社ワークスアプリケーションズCEOの牧野 正幸さんのセミナー(企業説明会)です。日本や世界はこれからどうなっていくのかという話からどんな環境でどんな人たちとどんな仕事をするべきなのかといったようなお話だったと記憶してます。

すごく考えさせられましたし、自分の就活の軸に大きく影響を受けたお話でした。色々な気づきがあると思うのでぜひ就活生に聞いてほしいです。

また、ワークスアプリケーションズは他の企業とは変わったインターンシップや採用フローなのでチェックしてみると面白いかもしれません。

おわりに

「人生の夏休み」と言われる大学の4年間ですが、だからこそ、その自由な時間の使い方で本当に差が出てしまいます。学生時代に起業する人もいれば、普通に企業で働いている人もいます。もちろん遊びまくって経験を積むのもすごく大切だと思っていますが、「就活」という一つのターニングポイントで、将来のやりたいことは何なのか、それを成し遂げるために今何をするべきなのかなど、自分と向き合う良いきっかけにできると良いのではないでしょうか。その "きっかけ" で私の経験が少しでも参考になれば幸いです。

最後に、これは2017卒の就活経験です。今の最新の就活情報とは異なる部分もあると思います。これよりも新しくてより良い情報があるはずなので探してみていろんな情報に触れてみてください。